大学トップホームサイトマップリンク交通アクセスお問い合わせ
大学トップホームサイトマップリンク交通アクセスお問い合わせ
  • 日本語
  • English
  • 文字サイズ
  • 大きくする
  • 標準
  • 日本語
  • English
  • 文字サイズ
  • 大きくする
  • 標準
      留学生のまちづくり
       > AGORA活動 > 留学生のまちづくり 
      トップページ  > AGORA活動 > 留学生のまちづくり 
      留学生のまちづくり
      12

      ホームステイ2(矢掛町)

      2017/01/09 13:04 【まちづくり実験室Send to FacebookTweet ThisShare on Google+
      平成29年1月7日(土)~8日(日)にかけて、今年度、二回目のホームステイを行いました。アメリカ、オーストラリア、韓国からの留学生9名が参加し、矢掛町で募集した9家庭が受け入れてくださいました。新年を迎え、8日には成人式が行われた矢掛町で日本のお正月の余韻を感じながらのホームステイとなりました。お雑煮を食べたり、たこあげをしたり、それぞれの家庭でそれぞれの時間を過ごしました。普段、寮で暮らす留学生にとって、日本の家庭で過ごす経験は日本での忘れられない思い出の一つとなったようです。

      やかげウェルカムパーティー(矢掛町)

      2016/11/22 14:42 【まちづくり実験室Send to FacebookTweet ThisShare on Google+
      平成28年11月20日(日)に矢掛町江良地区にある江良谷川公園にて地域の方々と留学生の交流会を行いました。リトアニア、アメリカ、オーストラリア、イタリア、フランス、中国、イラン、ミャンマー、マレーシア、ドイツ、ベトナムといった様々な国からの留学生32名が参加しました。青年部、子ども会、高齢者サロンの方々の協力のもと、楽しい一日を過ごすことができました。午前中は地域の方々と留学生の混合の班を作り、自己紹介やゲーム、フォークダンスなどをしました。フォークダンスは留学生には難しいかもという心配をよそに、イベント後のアンケートではダンスが楽しかったという学生がたくさんいました。昼食には地域の方々が用意してくださった様々な料理をいただき、餅つきの体験もすることができました。午後は周辺を散策したり、芋掘りをしたりして過ごしました。いつも多大なご協力をいただいて、歓迎してくださる地域の方たちには感謝するばかりです。留学生たちの心の中にも矢掛町が特別な場所として残っているようです。














      大名行列参加(矢掛町)

      2016/11/14 15:02 【まちづくり実験室Send to FacebookTweet ThisShare on Google+
      平成28年11月13日(日)に矢掛町にて第41回矢掛の宿場まつり大名行列が行われました。大名行列実行委員会にご協力いただいて、9名の留学生が参加しました。英国、アメリカ、リトアニア、オーストラリア出身の学生たちです。宿場まつりの前日に矢掛町へ行き、準備の手伝いをさせていただきました。当日は衣装をつけ、化粧をし、「下に、下に」の掛け声とともに大名行列の一員として、町を歩きました。日本人でもなかなかできない貴重な体験をさせていただき、関係者の方々には本当にお世話になりました。

      ホームステイ1(矢掛町)

      2016/11/14 14:17 【まちづくり実験室Send to FacebookTweet ThisShare on Google+
      平成28年11月12日(土)~13日(日)にかけて、矢掛町にて留学生7名がホームステイをしました。オーストラリア、アメリカ、イギリス、イタリア、フランスからの学生が1泊2日の滞在を通して、岡山の農村部での生活や文化に触れることで、日本の生活様式や文化について学びました。普段生活している場所とは違った環境で、接する機会が少ない様々な世代の人たちと交流によって、新たな視点を得ることができたようです。ホストファミリーを引き受けて下さったご家庭には心から感謝いたします。

      留学生秋祭りに参加(矢掛町)

      2016/10/09 13:27 【まちづくり実験室Send to FacebookTweet ThisShare on Google+
      平成28年10月9日(日)に矢掛町江良地区で行われた秋祭りにバングラデシュからの留学生とその家族、そしてカナダのUBCからCo-opプログラムのために岡山に来た学生2人が参加しました。地域の方々に交じって神輿を担ぎ、昼食を取りながら交流をしました。法被を着させていただき、地域の方々と協力しながら、神輿を担ぐという貴重な体験をし、充実した一日となりました。

      イングリッシュキャンプ(矢掛町)

      2016/08/15 14:02 【まちづくり実験室Send to FacebookTweet ThisShare on Google+
      平成28年8月13日(土)にオーストラリア出身のデイビッド先生を矢掛町にお招きしました。午前中は小中学生、高校生と一緒に矢掛町を散策、昼食はみんなで流しそうめんを食べました。午後からはやかげ文化センターで英語を使った交流を行いました。子どもたちは英語だけの活動を行う中で、それぞれの年齢によって、違った刺激を受けたようです。

      小学校でのマレーシア留学生との交流会(矢掛町)

      2016/07/11 13:54 【まちづくり実験室Send to FacebookTweet ThisShare on Google+
      2016年7月9日(土)、矢掛町立中川小学校にマレーシアからの留学生7名が訪れ、交流会を行ないました。まずは、留学生が資料を使って、マレーシアの言葉、食べ物、宗教、文化について発表しました。発表の後、留学生に教えてもらいながら、マレーシアのダンスをしたり、遊びをしたりして、楽しみました。その後、家庭科室に移動して、4つのテーブルに分かれ、フルーツポンチを作りました。留学生と子どもたちは役割分担をし、協力して調理をしました。フルーツポンチを食べながら、質問をするなど交流の時間となりました。そして、記念撮影をして、中川小学校を後にしました。 
      午後は江良地区へ移動し、準備してくださっていた流しそうめんをおいしくいただきました。7人中6人がイスラム教徒だったので、めんつゆもハラルのものを用意しました。流しそうめんを食べ、竹で作った水鉄砲で遊び、楽しい初夏のひとときとなりました。いつも楽しい企画を用意してくださって、感謝です。留学生にとってもよい思い出となったことでしょう。


      田植え体験と交流会(矢掛町)

      2016/06/27 13:03 【まちづくり実験室Send to FacebookTweet ThisShare on Google+
      2016年6月25日(土)に留学生5名、日本人学生1名が矢掛町江良地区を訪れ、田植え体験を行いました。アメリカ、カナダ、ニュージーランド、グアムからの留学生が参加しました。地域の方々や子どもたちと一緒に泥に足を取られる中、悪戦苦闘しながら田植えを行いました。手で一つ一つ苗を植えて行くのは大変な労力と時間が必要となる作業でしたが、とても貴重な体験となりました。田植えが終わり、公会堂に行くと、地域の方々が昼食の準備をしてくださっていました。留学生と子どもたちは3つのテーブルに分かれて、おいしいカレーライスをいただきました。その後、柏もちを作る準備をしてくださっていて、地域の方々に教わりながら、留学生たちも楽しんで柏もちを作りました。食事をしながら、子どもたちは留学生たちに質問をしたり、話しかけたりしていました。食事のあとは、じゃんけん大会です。留学生が順番に前に出、自分の国の言葉でじゃんけんの掛け声をかけます。英語やフランス語、スペイン語も飛び出しました。各テーブルに戻り、七夕飾りを作り、協力しながら、笹に飾りつけ、最後に作品をみんなに見てもらいました。楽しい時間が過ぎ、お別れの時には留学生からも「楽しかった」「ありがとう」という言葉が出て、地域の方々に見送られながら、矢掛町をあとにしました。いつも心づくしのおもてなしをいただいて、感謝するばかりです。

      三朝温泉「花湯まつり陣所大綱引き」参加

      2016/05/09 10:54 【まちづくり実験室Send to FacebookTweet ThisShare on Google+
      2016年5月3日~4日にかけて、留学生7名、日本人学生1名が三朝温泉の花湯まつりに参加しました。ドイツ、アメリカ、カナダ、インドネシア、英国、オーストラリアからの学生たちが岡山大学の三朝宿泊所に滞在し、120年前から伝わる国の重要無k利民俗文化指定の「陣所(大綱引き)」の準備から本番までを体験しました。藤かずらを使って、全長約80メートル・総重量2トン・胴回り1.5メートルにもなる巨大な綱を一日かけて、地域の方々と一緒に編み上げていきました。夜になり、盛大な花火を見た後、いよいよ陣所が始まりました。地元の人々と観光客(多くの外国人の姿も見られました)が一緒に東西に分かれて綱を引き合い、豊作か商売繁盛か(東が勝てば豊作、西が勝てば商売繁盛)を占います。留学生たちには日本の伝統や文化を肌で感じることができる体験となりました。その他にも三朝の町を散策したり、岡山大学惑星物質研究所を見学したりと充実した3日間でした。

      留学生のいちご狩り体験

      2016/04/11 14:44 【まちづくり実験室Send to FacebookTweet ThisShare on Google+
      2016年4月9日(土)に留学生7名、日本人学生1名が矢掛町の「水車の里フルーツトピア」を訪れ、いちご狩りを体験しました。ドイツ、インドネシア、アメリカ、英国、ニュージーランド、カナダからの留学生のほとんどが初めてのいちご狩りということで、楽しい時間を過ごしました。いちご狩りを楽しんだ後は、矢掛町の矢掛商業高校跡地へ移動しました。留学生たちは自国のいちごについて発表資料を用意し、地元の小中高生に向けて発表を行いました。その後、矢掛町の中心地を散策し、歴史豊かな町並みを見学しました。矢掛町のゆるきゃら「やかっぴー」にも出会いました。散策の後は、矢掛商業高校跡地へ戻り、扉に絵を描く共同作業を通して、さらに交流を深めました。地元のテレビ局の取材も受け、充実した1日となりました。

      12