大学トップホームサイトマップリンク交通アクセスお問い合わせ
大学トップホームサイトマップリンク交通アクセスお問い合わせ

設立経緯・理念

設立経緯

 岡山大学は、平成22年7月、地域連携の進め方について検討する「岡山大学戦略的社会連携・地域貢献ワーキンググループ」を設置し、2月末までの8か月間にわたって国内・国外の現地視察を含めた調査検討を精力的に行いました。その結果、部局や教員個人レベルでは多方面の非常に多くの地域連携活動が行われていることが明らかになりましたが、他方で、岡山大学全体の地域貢献の姿が不明確であることも明らかとなりました。今後はこれまでの成果を踏まえ、さらに岡山県内自治体や経済界、各種の社会団体との組織的な協力によって、方向性を共有し、大学と都市・地域が全体的ビジョンを持って取り組んでいくところに、一つの活路があることが浮かび上がりました。
 平成23年4月、大学と都市・地域が共同して学都を創造する方針が明確化され、私たちは、この新しい学都構想を具体化する作業に着手し、そして、同年11月15日にリージョナルセンターの中核となる岡山大学地域総合研究センターAGORAを設置する運びとなりました。
 

設立理念

 岡山は、中四国の交通の要として、歴史と文化に彩られた産業の集積地として栄え、同時に、瀬戸内にそそぐ3つの河川と、中国山地に擁かれた里山が広がる、豊かで安心して暮らせる土地柄です。
 この地域にあって、地域総合研究センター(通称:センターAGORA)は、平成23年11月、自然や地域社会が持つ力と大学が持つ資源を結合させるお手伝いを通じて、まちづくり、人材育成、イノベーション創出を推し進めるために設立され、以来、地域社会と一体となった活動を続けています。
 センターAGORAは、岡山が新たな時代を切り開く地域として、日本はもとより世界に輝く「学びの都」となるために、未来を見つめながら歩みを進めてまいります。