大学トップホームサイトマップリンク交通アクセスお問い合わせ
大学トップホームサイトマップリンク交通アクセスお問い合わせ
  • 日本語
  • English
  • 文字サイズ
  • 大きくする
  • 標準
  • 日本語
  • English
  • 文字サイズ
  • 大きくする
  • 標準
      西川緑道公園活性化プロジェクト
       > AGORA活動 > 西川緑道公園活性化プロジェクト 
      トップページ  > AGORA活動 > 西川緑道公園活性化プロジェクト 

      西川アゴラニュースレターVol.36:With-With-2

      2018/01/23 11:13Send to FacebookTweet ThisShare on Google+ | by  山田 晶子
      実践知とはこんなこと
       上記のことは、教科書で読んだり、教室で教員が解説したりすれば、知識としては身につくだろう。しかし、それは実践知ではない。With-Withは、CBLの実践を通して自分で編み出した“知”であるからこそ価値がある。
       西川緑道公園でも、有機生活マーケット「いち」や歩行者天国が開催されるが、岡山大生による来場者アンケートでは、毎回3割ほどの人が「はじめて来た」と回答する。広島修道大生の調査でも、PSUのファーマーズマーケットの来場者にかなりの割合で「はじめて来た」人がいたそうである。いずれも、こういうマーケットは常連さんで成り立っている、という予想を裏切る結果だ。その生の驚きの感情を伴う発見が実践知であり、それを教室で学ぶことはできない。また、その学びは、地域連携なしには成り立たない。【前田 記】

      14:1014:30

      ポートランドのCBLを支える

      教育コーディネートの仕組み

      岡山大学地域総合研究センター

      吉川 幸 実践型教育プランナー

      14:3015:00

      学生がコミュニティから学んだこと

      -実践型まちづくり論-

      岡山大学地域総合研究センター

      山田 一隆 准教授

      15:1015:35

      ポートランドからの学びと仕掛け

      -ひろみらプロジェクトの実践-

      広島修道大学人間環境学部

      木原 一郎 講師

      15:3516:35

      ディスカッション

      -次世代を育てる地域連携-

      岡山大学地域総合研究センター

      前田 芳男 副センター長 教授

      16:3516:40

      総評

      岡山大学全学教育・学生支援機構

      石井 一郎 UAA