大学トップホームサイトマップリンク交通アクセスお問い合わせ
大学トップホームサイトマップリンク交通アクセスお問い合わせ
  • 日本語
  • English
  • 文字サイズ
  • 大きくする
  • 標準
  • 日本語
  • English
  • 文字サイズ
  • 大きくする
  • 標準
      西川緑道公園活性化プロジェクト
       > AGORA活動 > 西川緑道公園活性化プロジェクト 
      トップページ  > AGORA活動 > 西川緑道公園活性化プロジェクト 

      西川アゴラニュースレターVol.34:まち育-2

      2017/10/11 10:54Send to FacebookTweet ThisShare on Google+ | by  山田 晶子
      大学生による防災意識啓発
       岡山市は、自然災害が少ないので安心だ。おそらく、そう思っている人がかなり多いので、岡山市民の防災意識は、なかなか高まらない。確かに、地震や台風による被害は比較的少ないが、「絶対ないは絶対ない」が防災意識の鉄板である。その意識啓発に岡山大生が取り組んでいる。
       岡山市は、平成29年度から、岡山市内の大学・短大生の自主的なまちづくり活動に対して上限30万円を助成する「大学生まちづくりチャレンジ事業」を開始し、現在12のプロジェクトが動いている。そのうちの1つが、岡山大生が関わる「ゼロの阿蘇」写真展の企画、運営である。これは、熊本県南阿蘇村在住の写真家・長野良市氏が、昨年の熊本地震や今年の福岡豪雨災害を記録した写真を、11月14日、15日の両日、岡山市内のイオンモールおかやま1階の広場で開催するものである。この夏休みに、助成を活用して学生が熊本の長野氏を訪ね、写真展の企画を話し合った。数十枚の写真を展示するほか、「家族で72時間サバイバル防災グッズ買い物競争(普段使いの品で防災)」などを予定し、来場者にアンケート調査を実施する。
       イオンモールでの本番に向け、10月8日(日)、西川のホコテンで先行ミニ写真展を開催した。「西川水族館」の人気には遠く及ばなかったが、来場者の反応は悪くなかった。【前田 記】