本事業は平成24年度~26年度にかけて実施されました。事業終了後も「岡山・留学生のまちづくり」事業として、様々な地域で活動をを続けています。

「岡山留学生のまちづくり」とは

岡山留学生のまちづくり事務局
〒700-8530 岡山市北区津島中3-1-1
岡山大学地域総合研究センター内
TEL (086)251-8541

【お問い合わせはこちらをクリック】

※当サイトは申請時の内容となります。

※現在も活動は継続しています。

岡山留学生のまちづくりとは

若者と留学生が地域と対話するまち岡山を目指して
留学生のまちづくりとは、「若者と留学生が地域と対話するまち岡山」を目指して、岡山県内の産官学民が協働でまちづくりの実践を行うことです。
そのキーワードは、「信頼ある対話」です。
岡山留学生のまちづくりコンソーシアムでは、学生や留学生が、地域の人々と自由に話し合い、対話を通してまちの将来に関われる機会を、岡山県内各地で広げて行きます。 留学生が岡山を知り、岡山を体験し、岡山を好きになる。そして岡山の友好親善大使として世界で活躍できることを目指します。

岡山大学
理事・副学長 荒木 勝

岡山大学は、これまでも医療や教育、まちづくりなど、地域との連携に取り組んでまいりました。当センターのミッションは、言うまでもなく、全学を挙げて地域の様々な分野で積み重ねてきた事業を支援することです。とりわけ重要なミッションは、森田ビジョンに掲げられた「美しい学都」を実現するための、理論的かつ実践的な研究センターとして貢献することです。大学と地域が協働する「学都」の創成は、今後の日本の大学と都市との関係において、一つのモデルになると確信しています。
また、当センターの重要な活動として、「まちなかキャンパス事業」があります。これは、地域の人々と大学人との対話の場であり、地域が抱える諸問題をともに考え、地域再生の方向を語り合う場でありたいと思っています。同時に、この「まちなかキャンパス」を通して、地域のより現場に近いところで学生が教育されることも期待されています。
今後は、学外・学内の多くの方がこのHPを介して当センターと結ばれ、大学と地域が生き生きとしたネットワークで結ばれることを期待します。

  • 岡山留学生のまちづくり事務局
  • 〒700-8530 岡山市北区津島中3-1-1 岡山大学 地域総合研究センター内
  • TEL (086)251-8541